2012年12月11日

花咲かプロジェクト 2日目



遅くなりましたが二日目です!(笑)


二日目はさくらナーセリーという農業を経営している加藤さんのお宅にお邪魔させていただきました。花と果物を扱っていて、林檎・桃・プルーンなどを栽培していらっしゃいます。

加藤さんは品評会で金賞を取った経験のあるすごい方です(`・ω・´)


【品評会】
産物・製品などを集めて品評する会。 農業技術の向上と農産物の品質向上を図り、農産物を多くの方々に紹介するため品評会を行っている。審査は、専門家の審査員と消費者から募集した審査員が担当。




t02200124_0720040512305542410.jpg

t02200165_0640048012311652553.jpg

加藤さんが福島の農作物の安全性についてお話してくださっている様子

全品種につき、このような検査を原発事故以降続けているそうです。





すぐに作業が始まり、それぞれの作業をする二班に分かれました。

まなみ班はゴムでできた小さいプラウンターに土を入れる作業で

僕らの班は、そのプランターに苗を植える作業をしました




t02200124_0720040512305542671.jpg

作業中の様子。




すごい地味な作業でしたが僕は細かい作業が好きなので楽しかったです。

加藤さんの97歳になるお母さんが毎日している作業だそうです(゜゜)

が、
多分セルさんには荷が重い仕事だと思います(笑)




t02200165_0640048012305542240.jpg

t02200220_0640064012277508528.jpg

休憩中ー。
お茶と新鮮なリンゴとラ・フランスを頂きました!


自然の中で食べる果物は最高です( ´ー`)




そして作業もなんとか終えることができ、

最後に加藤さんが自分のリンゴ農園に連れて行ってくださいました!

t02200132_0367022012305568352.jpg

リンゴ農園に、はしゃぐ19才たち

真っ赤になりつつあるリンゴがたっくさん実っていました(^O^)




貴重な経験をさせていただいた上に、そこで採れたものを一人一箱くださいました(嬉し泣き

どこでできたものか知っていることで愛着もあり、本当においしかったです





今回福島に行って一番印象に残ったことは一日目に行った花を植える作業のとき出会った男の子の笑顔を見たときです。

つらい経験をしてきたはずなのに小さい子供の元気な笑顔に逆に元気をもらえることができました。

復興の本当の意味は子供たちの笑顔の数の多さで決まると思いました。




まだまだ震災前の環境にはほど遠い状況を見て、これからの支援の必要性を感じました。

自分が現地に実際に行くことで少しでも何か変わるといいなと思うので花咲かプロジェクト、今後も続けていきます!




posted by 亜細亜大学ボランティアセンター at 10:56| Comment(1) | 震災ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

花咲かプロジェクト 1日目


はじめまして!
1年生のすぎちゃんこと杉本大季ともっちーこと阿川愛美です(*^^*)

僕たちは今回福島に行ってきたということでともさんからブログ担当を任されました!




福島にはまごころ連の皆さんと授業でボランティア論を取った皆さん、合わせて9人の方と夜、レンタカーを借りて行って来ました


o0405072012279046259.jpg
始めに行ったのは原発10キロ付近の場所です。写真では見えないかも知れませんが遠くで警察の方が通行車かどうかを判別しています。それに道が荒れてます。


o0405072012277495250.jpg

o0720040512277495341.jpg
次は被災地の沿岸部です。
最初の写真は堤防が壊れています。ここから津波が襲い多くの方々の命が奪われたと考えると悲しくなりました。
二枚目も津波の影響で崩れた建物です。こんなにも頑丈そうな建物が壊れているんです。津波の強さがわかります



o0405072012277492378.jpg
これは花を植える作業中の写真です
今回のメインプロジェクトとありまして力が入りました…が地元の方々の協力もあり、20分程度で終わってしまいました(笑)


さすが福島パワー!


o0405072012277488345.png
元気に咲けばいいですねヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ




花植えも終わってお腹が空いた僕たちを待っていたのは…

o0405072012277239949.png
お弁当!!
栗ご飯とれんこんなどの煮物とカボチャをつぶしてマヨネーズで味付けしたものがあり、
ガソリンスタンドを経営している夫婦の方に手作り料理を頂きました。
どれも美味しかった(*´∇`*)


午後は昔ながらの映画館で上映の準備と上映を見ました



o0405072012277239994.png

o0720040512277240084.jpg
合唱部の女子高生がメインのお話のドキュメンタリー映画です。
監督さんがリアルな福島をこの映画で知ってもらいたいという気持ちで撮影したと言ってましたが本当にすばらしい作品で震災を美化することなくありのままの被災地、福島を見ることができると思います

近々2012バージョンも上映されます




旅館につく頃にはもう夜でその日は温泉に入って円盤餃子を食べて(写真撮るの忘れてました(;o;))、それからまなみは友達に電話して、僕は囲碁をして寝ました




posted by 亜細亜大学ボランティアセンター at 11:19| Comment(1) | 震災ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。